第4回明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会


東京のど真ん中で開催される、神宮クリテにあっきーが参戦しました。

当日は、あや、ひろちん、ゆりこでレースをサポートしました。

会場は、スポンサー様のお力で、かなり豪華なレースです。


観光地として有名な絵画館前がスタートです。


エントリーをするには、学生の部ではなく、おっさんの部。
マスターズに参戦。
メンバーはTRで走る方々が沢山出ている、なかなか強者が名を連ねる。


レースに備えて、セコセコ準備。
ひろちんは、アキオチャリの最終メンテ。
機材もちゃんとそろえて・・・


平坦ならディープでしょ!の他人のアドバイスも聞かず、軽量ホイールのシャマルで出陣する頑固者。

そんな頑固者の写真集をしばらくご堪能ください。













クリテは残り100mが正念場。


そしていよいよレーススタート
ここからは本人のレポで。



参加者は言わずも知れた豪華メンバー。
この選手達相手にどこまで頑張れるか。
金城さんはなんでも練習のしすぎでおケツがいったらしくDNS???

ケツが逝く練習って一体どんな練習してんのか。
凄すぎるぜ!まったく。

一緒にJCRCレースデビューした今もっとも注目のメンバー。
誰が言ったか「華の2008年川越組」の1人であるカジさんも。


で肝心のレースはというと
2周目銀杏並木の折り返しから田中先生がロングスプリント!
それに小畑さんが続いてあとはパックになって4〜5番手くらいで最終コーナーへ。立ち上がりのスピードが半端なくキツい。若干着き切れ気味。6番手くらいでS/F地点を通過。この1回でもう今回無理かもっておもうくらい。(この時、6位までポイント圏内かと思っていたが後からよくみると4位までだった。)

2回目のスプリント時はそのままのポジションで7〜9番手くらい?
もうみんなどこのポジションからでもスッ飛んでいく。ずぶずぶ。
そんなにアベは高くないと思うんだけど、キツすぎる。
3周目〜4周目は回復につとめていたような。
最終コーナーからの立ち上がりがとにかく凄い。スピードを乗せて加速していくというより、「ドン!」と発射していくというような感覚だった。

4周目の最終コーナー手前で、もうかなり乳酸がたまってる感じのところで高岡さんが前へ!そのまま5周目に入りつかまるも、そこでイナーメのカウンターアタック(これが今回優勝した橋本さんかな)それにカジさんが着いて行く。ここでオレも行こうか躊躇したすきに、すかさず後ろから「おさえろーッ!」の怒号が聞こえる。たぶん武田さんがすぐさま僕の前に出て抑えに。そこでまた躊躇。まだイナーメ以外にもメンバーがいるし、追走に入るだろうとおもったが。。。。

銀杏並木で折り返し、少し行ったところで誰か着いてきてくれる事を祈って
アタック!少しして後ろを振り返るとしっかり着いていらっしゃる。竹田さんが・・・・。少しラインを外してみるも、だれも反応せず・・・・。

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

だ〜〜〜〜れ〜〜〜〜〜〜かー!

「ザ・放置!」

てか、このまま突っ走らなければいけなかったな。
根性だせよな。
後先考えず。今度こういう場面に出くわしたら絶対やろう。

そして6周目に突入。

3回目のスプリントはもう・・/////。もう照れる寸前。

逃げは完全に。


で最後最終コーナーにうまく入ったと思ったが前の選手の立ち上がりが遅くブレーキを一瞬かけるハメになり、かわしてワンテンポ遅れてスプリント。
1名ぬけてたっぽく集団で5〜6番手くらいでゴール。

カジさんは見事2位!
素晴らしい!
おめでとうございます。


あとからリザルトを見せてもらったとき9位だったが総合ではどうだろ。


もっと思いっきりテンポつけて緩急つけて、自分のペースで走らなければいけなかったな。自分の試合をしないとダメだな。


でもよくよく考えてみると一番最後の周が一番きついはずなのに、一番楽に走れた。それ以前は、うまくその空気のリズムが読み取れていなく最後になってようやく合った気がする。


応援していただいたみなさんありがとうございました。
来年のこのレースでは表彰台にのることを約束しますー。






が・・・


応援組みがほとんど集まらない・・・


このころになってやっと集まりだす・・・



なぜかというと・・・


りんこ邸でランチパーティーがあるからだ。

愛されてるね!あっきーお!








 カテゴリー  順位  メンバー
 マスターズ  9位  中西 昭夫

design テンプレート

inserted by FC2 system