ゴミ拾いサイクリング

第一回ゴミ拾いサイクリング〜東京山手線一周スタンプラリー

    

前日の雨が嘘のように、爽快な日曜日の青空。この日は待ちに待った山手線スタンプラリーの日だ。
テーマは東京再発見とECO。ルールは自転車で山手線各駅のスタンプを集めるのと、路上に落ちているゴミを拾い集めること。
駅スタンプ5点、空き缶2点、たばこ1点、と得点が決まっており、最高得点のグループが優勝!道中は寄り道したり、買い食いしたり、何でもOK!の楽しいイベントなのです。


まだロードバイクに乗り始めて間もない頃、ガッチュと緑園都市の『王様カフェ』で活動について話し合った。せっかく自転車乗るなら、ECOな活動として訴えていきたい。それで生まれたのが自転車チーム『E-koto LIFE』であり、それ以来ずっと暖め続け、ようやく実現したのが今回のイベントだった。

時は戻って日曜日。スタート地点の明治神宮前には、7:30に4チーム19人の参加者が集合した。主催者が遅刻し、いきなり土下座から始まるアクシデントはあったものの(参加者の皆さん、ホントごめんなさい・・・。)、集合写真を撮った後、無事スタートした。

風が強く少々肌寒かったけれど、この時期にしては上々の自転車日和。今回はスタッフなので、カメラをもってみんなを探しに行くと・・・。いるいる!JR駅の周辺でたばこを拾い集める集団が!
街中で自転車ジャージを着てゴミ拾いをする姿は、相当目立ちます(笑)
そのせいか、幾人もの人に『何のイベントですか?』と話しかけられた。
やっぱり社会的アピール度は高そうだ。次回はゴミ拾いバッグにイベント名をプリントするとか、もっと工夫したいな。

その後約半日、どのチームも個性にあふれ、自由奔放に楽しみながら走っていたのが、見ていてすごくおもしろかった。

自分も下見で何度か走ったけれど、風情のある通り、おしゃれな町並み、変わったお店・・・など、ゆっくりと東京の街を自転車で走るのは、本当にたくさんの発見で溢れ、贅沢だな、と心から実感した。

さて、各チームを順位と共に紹介します。

1位:『チームセレブ』
ルールの特性を見抜き、知的な戦略で見事優勝!セレブの名をかなぐり捨て、各駅で猛烈にタバコを拾い集める姿は、感動すら与えました(笑)。この日、もっともきれいな街作りに貢献したチームです!!

2位:『チーム食い倒れ』
丸屋リーダーの他は自転車初心者ばかりのチーム。参加賞ねらいかと思いきや、丸屋さんの常識を外れた裏道知識と、働きバチのごとくゴミを拾い集める優奈ちゃんの働きで、見事第二位に!
ロッテリアに始まりチョコバナナ、抹茶セット、たこ焼きと食べ続け、最後は青山一丁目のカフェでゆったり半時間過ごすなど、名前の通りたくさん食べていたようです。

3位:『チームぶっちぎり』
もとメッセンジャーのぺっこりん筆頭に、着実にスタンプを集めるが、アメ横付近で買い物魂にスイッチが入り、このまま脱線・・・。と、心配されたが、無事復帰!最後には全チームで唯一コース内のスタンプを全てGETしました。

4位:『チーム脇見』
『段取りが8割!』と言い切るしおさん率いるチーム。開始10分ほどで喫茶店吸い込まれていった。(作戦会議、らしい。)その後も他のグループのペースなど関係なく、脇見、脇道、食い歩きを繰り返し、無事ゴール!コース上にない東京タワーにまで行ったのはこのチームだけでした。
遊びながらも当然ゴミは集めており、3位と一点差のぎりぎり4位でした。

そしてみんなで一日かけて集めた結果はというと・・・。

空き缶・・・143個
タバコ・・・1,814本

これだけのゴミを集めることができました。この数は、本当にすごい!駅によっては、後から来たチームは『タバコが落ちてない!』といってがっかりしているほど(笑)、きれいになっていたようです。
そしてゴミを拾い集めるみんなの姿は、道行く人々の心に、何かを残していったはず。
人々の意識を変える、小さな一歩になっているといいな。
何もなかったところから二人で自転車に乗り始め、ようやく実現したECO活動の第一歩は参加者のみなさんのおかげで最高の成果でした。

design テンプレート

inserted by FC2 system